住宅模型

両手仲介が基本

不動産売買の契約させた対価として仲介手数料を手に入れて収入にしているのが不動産仲介業者であり、仲介手数料無料とするときには取引相手から獲得しています。売主に対して無料の場合には両手仲介が基本になっているので注意しましょう。

マンション

業者によって異なる基準

専門家が実際に訪問してマンション査定を行う訪問査定は業者によって基準が定められていて、それに基いて査定価格が決定されます。業者間では違う査定価格が算出されることはよくありますが、業者内であれば違いは生じにくいのが特徴です。

投資物件を売る手続き

集合住宅

不動産会社を比較

投資用のワンルームマンションを売却するには、まず売却価格の相場を知っておくことが大切です。周辺の類似した物件の価格を調べるとか、インターネットの無料一括査定サイトを利用するなどの方法があります。だいたいの相場が分かったら、いくつかの不動産会社を選んで、実際に査定を受けてみると良いでしょう。いろいろな意見を聞くことで、ワンルームマンションの価値を客観的に把握できます。売却を決めたら不動産会社と契約を結びますが、この契約には一般媒介契約と専任媒介契約があります。専任媒介契約は一社とだけ契約を結ぶ方法で、競争原理は働きませんが、熱心に営業してくれる可能性は高くなります。一般媒介契約は複数の会社と契約する方式で、より有利な条件を選べるのが長所です。ワンルームマンションの売却では、どちらの契約も利用できます。希望価格を設定して売り出しを開始し、購入希望者が現れたら交渉に入ります。必ずしも希望価格で売れるとは限らないので、売却時期などの条件も見極めながら交渉を進めます。合意に至ったら売買契約書を作成しますが、後々のトラブルを避けるため、必要な情報を包み隠さず開示することが大切です。残置物などがあれば撤去し、公共料金などの清算を済ませたら、ワンルームマンションの引き渡しになります。この際に代金の受領と登記申請も行ないます。なお翌年には確定申告の必要があり、売却損が出たら所得税の還付を受けられる場合があります。

間取り図

郊外都市で暮らすメリット

京田辺市は郊外型住宅都市で車社会ですが、重い荷物を運んだり、赤ちゃんを連れてのお出かけには車移動が便利です。子育て世代に人気の京田辺市で不動産を探すなら、地元の不動産会社を訪れるのが有利です。掲載前の新規物件など掘り出し物件に出会う確率も高くなります。

Copyright © 2017 住まなくなったワンルームマンションを売却|高額で手放すためのコツ All Rights Reserved.